「2020年02月」の記事

乳がん治療① 乳がん?

2020年2月28日 / 乳がん

今までの気になるものとは趣旨は違いますが、

別の意味で気になるものなので。

こちらに一連の流れをまとめていこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最初に気が付いたのは、2020年の初め。

胸に何かできているなぁー。ぐらいです。

それが1か月もそのままなので、気になって近くの内科に行きました。

 

なぜ内科?

いや、その前の健康診断の結果が散々だったので、

それが何か悪さをしたのかと。(^_^;)

 

ただ医者からは、悪いものではなさそうだけど、

念のため専門医に見てもらった方がいいといわれました。

で、近くの皮膚科へ。

 

皮膚科では、

これは表面的なものではなく、もっと中の方では?と言われました。

その皮膚科では何かわからないとのこと。

はっきりさせるために、大きい病院で生検して診てもらった方がいいと、

今度は聖マリアンナへ送られることになりました。

 

大したことじゃないのに大げさな…。

と思いましたが、

出来物が気になってはいたので、言われるまま送られました。

 

ただ、送られた先も皮膚科!

うちはちょっと違うのでは…と担当した先生にも言われました。

そして今度は乳腺外科に行くことに。

たらいまわしだ…。(-_-;)

 

そして乳腺外科では予約がないため、3時間待ち。

さすがにイラっとしました。

 

で、見てもらったのが数分あったのか?

ちょっと見て触って、

「何か硬いね。マンモと超音波検査をしましょう」

だって!

 

聞けばそれも3時間ぐらい待つとか。

まじかー!!!

 

疲れているのなら別の日に予約を入れましょうか?と

言っていただけたのですが。

2度も来たくない!

と、そのまま続けて検査に向かいました。

 

が、これがよかった!

外来で散々待たされて、既にお昼を過ぎていたので、

他の患者さんがあまりいなくて、おかげで待ち時間が0!

 

そして検査が終わって戻ると。

こちらもすでに患者さんがいなかったおかげで、すぐ診察室へ。

 

そうしたら。

エコーと超音波の結果を見ていた先生が。

「これがんの可能性が…。」

…。

って、それなに??

 

気になったできものとは全然違う場所に、

がんらしきものを見つけていました。

 

で、そこからすぐ生検へ。

びっくりしたことに、診察室でそのままするんですね。(^^ゞ

 

脇の下にも同じようにあるとのことなので、そこと、

できものそばの違う場所に針生検(組織診)です。

 

そして、これもわからないからついでに…と、

最初のできものも切開して組織検査に回してくれたようです。

それが目的だったのに…。(^^ゞ

 

生検の結果は2週間後とか。

無駄になるかもわからないけど、と前置きされましたが、

いざ結果が出た時にすぐ動けるようにと、

帰りに採血をすることになり、

検査結果を待っている2週間の間にもCTとMRIもすることになりました。

 

そちらは系列のブレスト&イメージングですることになりました。

ちなみにどちらも造影剤を使うので、

一緒の日に検査はできないとのこと。

 

さくっと終わらせたかったので、明日CTを受け、MRIも近々に…と思ったら、

生検の血溜が胸にできているので、

MRIはなるべく遅めにすることになりました。

(MRIが磁力を使って行うので、血溜はない方がいいようです。)

 

可能性大って。

もしや本当に乳がん???

 

これは、帰ってから少し悩んだこと。

検査結果が出ないと、この先どうすればいいかわからないのに。

考えても無駄なのに。

 

2020年2月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アクセス数

  • 2今日の閲覧数:
  • 1昨日の閲覧数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 1昨日の訪問者数:

他のブログ

TOPへ戻る