カテゴリー「フード」の記事

フードプロセッサー

2014年7月31日 / フード, ペット

お腹が緩い、うちの末っ子ワンコ。

先生には、高繊維食を勧められました。

 

でも、どうしても治療食を食べさせたくない、私。

いえ、治療食が悪いというわけじゃないです。

 

ただ、我が家では、なるべく自然に近いものを食べさせているので、

あの科学用語の羅列のようなものを、主食として与えることに、抵抗があるんです。

 

では、久しぶりにこれを使いましょう。

クイジナートのフードプロセッサー。

かなり小さいですが、結構パワフルです。

キャベツの芯なんかも、手でばきっとおるだけで放り込んでも、小さくしてくれます。

 

餃子の中身中身などを作るのにも便利ですし、

野菜をペーストにすることもできますので、ワンコのご飯づくりには欠かせません。

 

犬は人と比べて腸も短いので、野菜の消化には向いていません。

栄養を取らせるためにあげる時には、

ぜひ、こういうものでペーストにしてあげたいものです。

ペットフード -ドライフード-

2014年7月5日 / フード, ペット

犬のフードとして、

私が一番いいと思っているのは、生の馬肉。

 

が!

 

さすがに、災害などがあった場合、それをキープするのは難しいです。

 

特に、元アレルギー持ちの子。

なので、普段から、食べれそうなドライフードも物色し、

試しています。

 

今使っているのは、これ。

フィッシュ4ドッグ

こちらは、タラが主成分です。

 

このほかに、サケが主成分の物もあります。

 

生肉を食べているので、バランスよく、フードは魚。

 

が、3番目のパピーが来て、少し変わりました。

彼は、大食いです!

生肉だけだと、家計が・・・。(^^ゞ

それに、今はいろいろ食べさせた方がいいでしょう。

 

ということで、以前使っていたアカナのシリーズと、

ローテーションすることにしました。

 

パピー用はこれ。

パピー&ジュニアと書いてありますが、

どうやら、中型犬のパピー用です。

 

もう一つは、こちら。

こちらは、小型犬用です。

 

うちの子は、5ヶ月で8キロ。

どっちを試せばいいかわからないので、

まずは両方あげてみることにします。

 

この2つ、内容はきっとおなじようなのでしょうし、

なので、もう一つ選択。

こちらの方が。お肉率は高いです。

 

さて、食いつきはいかに??

体の状態は変わるでしょうか?

また、使用感のレポしますね。(^^)

 

 

ちなみに、それに伴って、

アダルトチームのフードも、

久しぶりにローテーションすることにしました。

 

まずは、フィッシュ4ドッグの前に使っていた、これ。

アカナ ラム&オカナガンアップル

これには助けられました。

 

鳥に少しアレルギーがある子だったのですが、

鶏肉未使用!と謳っているフードにも鶏脂は入っていました。(>_<)

食いつきをよくするために、そういうことをするんですよね・・・。

 

これは、それがないです。

なので、かなり長い間、こちらのお世話になっていました。

 

そして、大人になって、

鶏肉も食べても大丈夫になってきたので、フードでもチャレンジです。

オリジンは、原材料の構成が、かなりわたし好みだったのですが、

チキンや七面鳥など、鶏類を使っている物が多く、

なかなか手が出せなかったのです。

 

でも、ローテーションで多少入れる分には、今は問題はないでしょうし、

いざ、不測の事態が起こった場合を考えると、

鶏類を試すのはいいことだと思います。

 

最後に、これ。

これ、蛋白源が変わっているんです。

イノシシ、羊、豚、バイソン。

かなり野性味ありますよねー。(^^ゞ

 

好き嫌いが出るんじゃないかと思うのですが、

多種多様なものを食べる方が、栄養のバランスもとれます。

 

なので、これも、チャレンジです!

こちらも、使用レポをお楽しみに。(^^)

 

タグ: , , , ,

ペットフード -生肉-

2014年7月5日 / フード, ペット

色々なペットフードが出回っています。

でも、これなら100%信用できると、私が思えるのは、少ないです。

 

私の基準では、一番いいのは、生の馬肉です。

 

でも、解凍に時間がかかったりするので、

お手軽にすませたい場合、ミンチ状の物を使います。

 

そして、さらに手抜きの場合、

野菜なども一緒に入っているこちらを使っています。

 

お手軽ですが、

全て生の物なので、微量元素や、過熱に弱い栄養素も十分取れます。

 

最初に来た子が、アレルギー持ちで、

医者では、即アレルギー食を進められたのですが、

栄養学を勉強した身としては、その内容物にはうなずけませんでした。

 

もっと、自然なもので、体を変えたい。

 

これを、トレーナーに相談したところ、教えてもらったのが、生の手作り食です。

以来、生食に変えてからは、ばさばさだった毛はつやつやし、

皮膚のかいかいも治まってきました。(^^)

 

今では、異常に強力な胃袋の持ち主となってしまいました。(^^;)

タグ: , , , ,

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アクセス数

  • 1今日の閲覧数:
  • 11昨日の閲覧数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 11昨日の訪問者数:

他のブログ

TOPへ戻る